ボイスワークス

ボイスワークス|アナウンサーのマネジメント・育成


アナウンス講座

受験体験談[卒業生たちの声]

親身になってくださる先生です。

社会人2年目にして、私はついにアナウンサーの仕事がしたいという夢のスタートラインに立つことができました。渡邊先生のおかげです。採用の質疑応答を終えると、どんな質問があったか、そして私がどう受け答えをしたのか、毎回分析を手伝ってくださいました。自分ひとりでは偏った考えに陥りがちだったので、このアドバイスはとてもためになりました。なぜ大変な思いをしてまでこの仕事がしたいのか、長いアナウンサー受験の中でわからなくなることもありましたが、先生は親身になってESを添削してくださり、一緒に面接の対策を考えてくださりました。そのおかげで私は徐々に自分の気持ちに気づくことができ、ブレをなくしていけたのだと思います。
「アナウンサーになりたい、ではなくアナウンサーの仕事がしたいと思うように」というメールの言葉が心に残っています。その時々に、私に足りないものがわかっているかのような的確なアドバイスをくださりました。とても優しい先生です。
これからもお世話になります。本当にありがとうございました。

2011年4月 NHK福島局 【本多真弓】

ありがとうございました

『喋る仕事に就くこと』は、長い間私の夢でした。
その夢を現実にできたのは、渡邊先生のおかげです。
今まで私は大学や別のアナウンススクールで、アナウンスの授業を受けてきました。
講師1人に対して生徒が10人以上はいます。
他の方の喋りを聴くことは大切だと思いますが、数か月授業を受けるうちに「マンツーマンの授業で成長したい。そうでないと、自分の実力はあがらない」と考えるようになりました。そこで、先生の授業を受けさせていただく決意しました。
渡邊先生の授業は私にとって驚きの連続でした。
例えを使ったわかりやすい指導、アナウンサーに欠かせない常識や知識、深夜のメールでのエントリーシートの添削・・・。
もちろん、厳しい指摘もありますが、自分のためを思ってくださってのことだと伝わってくる指摘ばかりでした。
本当に、思いやりのある親身な指導をしていただきました。
生まれてきて22年、学校の先生、習い事の先生など多くの先生に出会いました。しかし、これほどまでに生徒のことを考えてくださる、先生に出会ったのは初めてです。
たった22年しか生きていない私ですが、「こんなに自分のことを考えてくださる先生がこの世にいるのか」と何度も思いました。
本当にありがとうございました。

2010年FM宇治・パーソナリティー合格 【平井久美子】

「信頼できるという財産」

五十嵐愛です。
おかげさまで、NHK高松放送局で働かせていただけることになりました。
先の見えないアナウンス受験に嫌気がさし、諦めようかと思ったときもありました。
しかし、渡邊哲夫先生の暖かいご指導と、夢を叶えた先輩方のアドバイスで、なんとか最後まで頑張り抜くことができました。
こうしてスタートラインに立てたことを嬉しく思います。
働き始めてからもボイスワークスで学んだことが、糧となっています。
働くということは、決していいことばかりではありません。
しかし、どんなに辛くても 一緒に頑張ってきた仲間がいること。
私を理解して、応援してくださる方がいること。
帰る場所があるということ。 それらが私を支えてくれています。
先生にいただいた言葉で「お前を過大評価も過小評価もしない」という言葉が印象に残っています。
私は自信がなく、卑屈になりがちだったのですが、先生からの評価は真っ直ぐ受け止めて良いのだと思い、以前より自信が持てるようになりました。
できること、できないことをしっかりと受け止め、精進していきたいと思います。
ありがとうございました。

2010年NHK高松放送局 合格 【五十嵐 愛】

【卒業生の声】自分を信じて

私は今、熊本でアナウンサーとしての生活を送っています。
「このままで良いのだろうか…」思い悩んでいた時、スクールのホームページに辿り着きました。
私と先生との出逢いはここからです。
私が今の想いを綴ったメールを送ると、先生はすぐさま電話を下さいました。
先生と一緒に勉強を始めるきっかけとなったのは、この一本の電話です。
「自分を信じる」こと。それは容易なことではありません。先生と何度も話しをし、自分の弱さを何度もさらけ出しました。「強くなれ」という言葉に何度も励まして頂きました。
仕事をしながらの転職活動は忙しく、ストレスも溜まり、涙が止まらない日もありました。
でも、心が折れそうな時、先生の言葉に支えて頂きました。
一年前までは思ってもいなかった熊本の地。
4月から、私は新しいスタートを切っています。
先生、本当にありがとうございます。

2010年 テレビ熊本 合格 【木村佳那子】

《自分を変えてくれた場所》

私が、ボイスワークスの門をたたいたのは、大学1年生の冬でした。
渡邊先生と初めて会った時の私は、アナウンサーという職業には、ほど遠い性格をしていたと思います。
アナウンサーになる為には、《人間改革》が大切。
でもそれは、簡単な事ではありませんでした。よく悩んでいたなと思います。
そんな時、渡邊先生を初め、高柳先生、英麿先生、多くの方が厳しくもやさしく見守ってくださっていました。
今振り返れば先生達のおっしゃっていた事がよく分かります。
それから、三年半後『秋田朝日放送』に内定をいただきました。
先生方が、私に親身にレッスンをして下さったおかげです。
私は、ボイスワークスを通じて沢山の人との出会いがあり、アナウンサー内定をいただけたのだと思います。
ボイスワークスでは、アナウンサーとしてのレッスンはもちろんの事、人として、アナウンサーとしての基礎を沢山教え下さります。
マンツーマンの指導で一人一人に合わせたカリキュラムを作っていただきました。
とにかく、『諦めなければアナウンサーになれる』と言う事を教えてくれた場所です。

2009年度 秋田朝日放送アナウンサー合格 【手島千尋】

今、思うこと

体力と心力が問われる、それはそれは大変な仕事…
ですが!自分の視野を広げてくれるような経験がたくさん!
いま1日1日幸せを感じながら仕事ができることを心から感謝しています。
第二新卒での受験、仕事を辞め派遣として働きながら臨む受験は、精神的に響きました。
なかなか進展しない試験結果に諦めすら感じていたとき、先生に出会いました。
言葉に出せない辛さも先生は察し、必ず前向きな気持ちを起こさせてくれました。
発声は1からみっちりと、リポート練習、自問100問、フリートーク…
私に割いてくださった時間はどれほどでしょうか。
心で接してくださり、溢れんばかりの心強いアドバイスをくださいました。
私がアナウンサーになり掲げた最終目標は、相手の心に添うことのできる話し手。
先生、まだまだこれからですね!迷える子羊に今後もご指導・ご鞭撻願います。

KKT熊本県民テレビ 報道局アナウンス部 2007年入社 【三浦 千佳】

「伝える」

ボイスワークスの個人レッスンに通い始めて約1年、念願のアナウンサー生活を宮崎で踏み出せることになりました。
渡邊哲夫先生に初めに教えて頂いたことは、『伝える気持ち』でした。
ある局のカメラテストで「君は上手いよ、頑張ってね」と言われたことがありました。
これが苦言だったことに気付いたのは、渡邊先生と勉強を始めてからでした。
それまでの私は、綺麗に喋りたいという意識ばかりが先に立っていたのです。
先生は、私の喋りが独りよがりで人の気持ちを考えていないことを率直に指摘して下さいました。
それから『伝える気持ちを』を持てるようになり、面接での反応ががらりと変わりました。
アナウンサーという仕事に「たった一つの正解」はありません。それでもボイスワークスなら大切な気持ち、心構えを見つけることができます。
教えて頂いた『伝える気持ち』の大切さを忘れずに、これからのアナウンサー人生をしっかり歩いて行きたいと思います。

【川井淳史】

『2か月。』

渡邊先生の門を叩いてから私が試験に合格するまでの期間、たくさんの事を教えてもらいました。
それまでの私は、大学を卒業し、どこにも就職しないまま、アルバイトをしながらアナウンサー試験を受けていました。アナウンススクールにも通おうとしましたが、雰囲気に馴染めなかったため一人で夢を追っていました。
しかし、それは想像以上に辛いものでした。
送られてくるのは毎回不合格通知。本当にゴールはあるのかと一人で不安を募らせていました。
そして、闇雲に試験を受け続けて8か月がたった冬の日。私は渡邊先生に出会いました。
授業はマンツーマン。
誰かと比べられる事がなく集中でき、短時間で内容も充実していました。
声の出し方、笑顔の作り方、原稿読み、面接の仕方。全て一から教えてもらいました。
何より心強かったのは、
『今からでも遅くないこと』
『必ず、信じれば夢は叶うこと』
を教えてもらった事です。
毎週毎週、上達している自分が嬉しくて、不安はどこかに消えてしまったようでした。
授業以外でも、面接試験の直前には「落ち着いて。深呼吸」
不合格で落ち込んでいる時は「気にせず次!」という先生からメール。
一人で戦っているのではないんだという気持ちになりました。
合格した時は自分の事のように喜んでくれましたよね、渡邊先生。
2か月間。
常に前向きに試験を受けることができたのは、先生のおかげです。
ありがとうございました。

【角田京子】

ありがとうございました!!!

私は現在東京女子大学4年生で、西日本放送のアナウンサー職に内定をいただきました。私は3年生になる前に渡邊先生の事務所を訪れ、今なおお世話になっています。ボイスワークスでは、下記で角宮さんがおっしゃるように、「自分を信じる」ことの大切さを学びました。しかし、その自信は何もしないで生まれてくるものではありません。練習量こそ自信に繋がります。その練習・・・ここではマンツーマンの授業で、しっかりとした土台を作ってくださいます。そして、練習が身になっているのを実感しつつ、段階を一段一段と踏んでいきます。また、アナウンス技術だけでなく、先生方には様々な相談に乗っていただきました。この場を借りて、渡邊先生をはじめ、高柳先生、お会いできた先輩方、そして一緒に学んだみんな!ありがとうございました!!!ここで学んだことを胸に、今後も精一杯頑張っていきます!アナウンサー試験を考えている方!練習しているのに成長が実感できない方!「アナウンサーになりたい!」と強く思う方であれば、ボイスワークスの門をたたいてはいかがでしょうか?

【磯部恵美】

すべては心次第

ボイスワークスと出会ったのは・・・去年2006年の夏でした。5ヶ月間ご指導頂き、とても充実した時間でした。大学を卒業して会社員になったけれど、アナウンサーになりたいという夢はいつも心にありました。自分だけではどうしようもない状況の中で、先生方に出会ったのです。先生方に頂いた一番の宝物は、「自信」でした。自分を信じ続けることって難しいですよね、本当に自分がアナウンサーになれるのかいつも不安でした。けれど、授業を受けていると、もしかしたら、と希望が見えてきたのです。自分が夢を叶えたい気持ちと、先生方が私の夢を叶えさせたい気持ちはいつも同じだったような気がします。試験当日は、自分のために頑張るのはもちろんいつも支えて下さった先生方のためにも頑張らなければ、と思い挑戦しました。2007年1月に内定を頂きました。第一志望の局だったので本当に嬉しかったです。今はまた新たな夢に向かって挑戦しています。夢は叶うと分かったし自分を信じることの大切さも学びました。先生方の思いを大切にするためにも、これからも決して諦めることなく、成長していきたいと思います。「すべては心次第」ですよね?この気持ち、絶対に忘れません!!ありがとうございました。

【角宮英里】

ありがとうございました。

毎回、内容の濃い授業をしていただきました。良い点、悪い点、強み、弱みをズバズバと指摘してもらえ、わからないことは、わかるまでとことん教えていただけるので、本当に力がつきます。先生方はひじょうに熱心に授業をしてくださるのでそれに応えられるよう頑張りたいという思いが生まれます。先生方の熱心な指導のおかげで、地方局の試験に合格し、夢への第一歩を踏み出すことができました。本当にありがとうございました。

【大海玲子】