12月, 2020年

「ウインターカップ2020」

2020-12-30
 SoftBank ウインターカップ2020
令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会
今年もJ SPORTSの中継でメンバーが
実況、勝利インタビュアーを担当させて頂きました。


いろいろな意味で特別な大会となった今大会の
中継出演者からのコメントです。


齋藤寿幸です。

今年最初で最後の全国大会。
実践経験や全体練習も制限された中、
地域の代表として、戦った選手達の姿に感動と勇気をもらいました。

残念ながら、棄権せざるを得ないチームもあり、
大会を続ける難しさも痛感しました。少しでも、選手達の思いを多くの人に
伝えられたらと思いながら、実況しました。感動をありがとうございます。


喜谷知純です。

今年もウインターカップの実況を担当させていただきました。
様々なコロナ対策が施され例年とは違う環境での中継でしたが、
コート上では例年同様に選手たちが
見応えのある全力プレーを見せてくれました。

今年はインターハイなどが中止になり
高校生にとっても難しい1年だったと思いますが、
来年は少しでも多くの大会が無事に安全に開催されることを願っています。


本田 将一郎です。

男子・1回戦の「福岡大大濠(福岡) VS 岡山商大附(岡山)」の試合が
私にとってのウィンターカップ初実況となりました。

ウィンターカップの会場に来るのは、
山形の局時代に企画取材で携わった男子の日大山形が
ベスト16に進出した2017年の大会以来、3年ぶり2回目でした。
その時と今回とでは関わり方が大きく異なるため、
実は開幕前日の説明会の時からアドレナリンが旺盛に出ていました
試合当日の武蔵の森総合スポーツプラザは
「負けたら、終わり」という一発勝負ならではの
緊迫感に包まれていました。

試合は両校共に一つ一つのプレーや動作に
3年間の思いが詰まっており、
放送席の私も胸が熱くなりました。

大会を運営して下さった関係の皆様、
医療従事者の皆様に感謝と敬意を表させて頂きます。
誠にありがとうございました。


三浦ひろみです。

「全国高等学校バスケットボール選手権大会 ウインターカップ」
今年もJSPORTSの中継に携わらせていただきました。
新型コロナウイルスの影響により、
今年最初で最後の全国大会となりました。
一つの試合、一つのプレーに対する選手たちの
真剣な気持ちを改めて感じた大会でした。チーム関係者の皆様は、
難しい状況の中で様々な想いを経験したことと思います。
喜び、感動、悔しさ、やるせなさ。
その全てがいつの日か大きな力になることを願っております。



日和佐雅枝です。

今年は大会初日から男子決勝まで
インタビュアーを担当させていただきました。


新型コロナウイルスの影響でマスク着用、
ソーシャルディスタンスを保っての取材となりましたが、
選手の思いを届けられる濃密なインタビューを心掛けました。
来年はたくさんのお客さんの中で
高校生たちがプレーでききますように。

「天皇杯 令和2年度全日本レスリング選手権大会」

2020-12-21

「天皇杯 令和2年度全日本レスリング選手権大会」が、
徹底したコロナ対策の中12月17日から20日に、
駒沢オリンピック公園体育館(東京都)で開催されました。



長年場内アナウンスを担当させて頂いている私達も、
初めてマスクとフェイスシールドを付けての
アナウンスとなりました。



写真は、顔はすっかり隠れていますが左から、
西達彦、渡邉唯、渡邊哲夫、針谷衣織里、佐藤さやか、
ボイスワークスのアナウンサーチームの面々です。

Copyright(c) 1995-2021 Voice Works Inc. All Rights Reserved.