「BOXING RAISE」実況 西達彦

2017-01-31

ボクシング動画サイト「BOXING RAISE」でDANGAN175の実況を担当しています。

今回のメインには前日本ライト級チャンピオンの荒川仁人選手が登場。WBOアジアパシフィックライト級王座決定戦に臨みました。
荒川選手はこの試合を前に日本王座を返上していて、空位となった王座を賭けた決定戦でタイトルを獲得したのが、今回の放送席ゲスト、現日本ライト級チャンピオンの土屋修平選手です。

 

 

 

 

天才KOアーティストと注目されながら、その後苦労に苦労を重ね、念願の日本ライト級王座を獲得した土屋選手。タイトル獲得直後に発した「ボクシングは負けてからがボクシングです!」という言葉は感動的でした。
そんな土屋選手が、今回は放送席から荒川選手の試合を解説します。

3/4に日本タイトル初防衛戦を控えつつも、その先に荒川選手との直接対決を望む土屋選手。切れ味鋭い解説を披露して下さいました。

試合は荒川選手が勝利。リングアナに「土屋選手との対戦を望む声が…」と振られた荒川選手は、「互いが目の前の試合を勝って、高いレベルで戦えれば」と世界レベルでの対決を期待させる言葉を発してくれました。その言葉に放送席の土屋選手も反応。その表情を、機転を利かせたカメラマンさんが捉えてくれました。

「BOXING RAISE」の素晴らしい点は、このように現役の選手がゲストで解説に来てくれる点。選手ならではの視点が分かるだけでなく、こういう今後の流れを生みそうな場面を、生で見られるのです!姫路木下ジムの石津純一郎さんをはじめ、細かい情報を知り尽くした解説陣が試合をさらに面白く見せてくれます。

ボクシングが大好きだけど
後楽園に毎回行く訳にもいかない、というあなた!
「BOXING RAISE」、ぜひチェックしてくださいね!

Copyright(c) 1995-2017 Voice Works Inc. All Rights Reserved.