「DAZN バレーボールワールドグランプリ」矢田部ゆか

2017-07-25

『2020年に伝説に残るチームを作り上げたい』

バレーボール全日本女子の中田久美監督は、
始動会見で決意を表明しました。

東京五輪に向けて、動き出した‘火の鳥NIPPON’
その初陣となったのが7月7日に開幕した
「ワールドグランプリ」です。
DAZNにて生放送され、実況を担当させて頂きました。

解説頂いたのはアトランタ五輪代表の鳥居千穂さん

 

 

 

 

 
元全日本セッターの横山雅美さん

 

 

 

 

予選ラウンドは12チームがそれぞれ9試合を戦い、
6チームが決勝ラウンドに進みます。
リオ五輪で金メダルの中国をはじめ、
銀のセルビア、銅のアメリカなど強豪国ぞろいです。

まずは3戦目のオランダ戦はオランダのホームゲーム。

2セット連取されながらも3セット取り返す大逆転!!

さらに8戦目のセルビア戦。
セルビアとは5戦目で一度対戦し0-3で敗れています。
しかし、この試合も2セット失ってからの逆転勝ちでした。

そして9戦目、最後の試合はロシアと対戦し、
2セット落としてから3セットを奪いました!!

担当した3試合がいずれも大逆転で勝利という、
素晴らしいゲーム。

まさに総力戦で、交代で入った選手が流れをかえ、
苦しいところを頼りになる選手が決めてくれました。

胸が熱くなる戦いばかりでした。

日本の結果は6勝3敗、
惜しくも決勝進出を逃しましたが、
これからの全日本女子の活躍が本当に楽しみになりました!

次は8月のアジア選手権で、
アジアの頂点を目指します。がんばれ、ニッポン!

矢田部ゆか

Copyright(c) 1995-2017 Voice Works Inc. All Rights Reserved.