「2018ジャパンパラ ウィルチェアラグビー競技会」滝澤 雄一

2018-05-27

5月24日から千葉ポートアリーナで開催された
「2018ジャパンパラ ウィルチェアラグビー競技会」の
場内実況と英語アナウンスを担当させて頂きました。

この大会は毎年世界の強豪国が集う貴重な公式戦の場。
5回目の今年は、日本・イギリス・スウェーデン・フランスの4ヶ国が参加しました。

 

 

 

 

ウィルチェア(車椅子)ラグビーは、
パラリンピック競技で唯一、車椅子同士がぶつかる
タックルが認められているスポーツです。
場内には、その激しい音が響き、
初めて見た時私も迫力に圧倒されました。

そして興味深いのが、トライを40秒以内にしないと
相手ボールに替わるなどの独特なルール。

8分間ⅹ4ピリオドの合計得点で競う
ウィルチェアラグビーは、ピリオドが終わる
最後の得点(トライ)を奪うのが大事になるので、
わざと時間をかけてトライする場面が出てきます。
そういったタイムマネジメントによる攻防も大きな見所でした。

場内放送では、解説の日本ウィルチェアラグビー連盟
普及推進委員長・峰島 靖さんに
わかりやすいルール説明と魅力を話して頂きました。

 

 

 

 

(左:滝澤 中央:解説の峰島さん 右:柴崎 啓志アナ)

2020年東京パラリンピックで金メダルを目指す
ウィルチェアラグビー日本代表。

パラスポーツの活躍に注目です。

滝澤 雄一

Copyright(c) 1995-2018 Voice Works Inc. All Rights Reserved.