Archive for the ‘TOPICS’ Category

「熱血バスケ」佐々木クリス

2021-01-11

1月11日月曜日、
2021年最初の「熱血バスケ」
(NHK-BS 23時〜)の放送日でした。

新型コロナウィルス感染防止の為、
スタジオへゲストはお呼びしないこととなり、
三桂の神田れいみさんと佐々木クリスの2人でお送りしました。


この日は、日本代表キャプテンでもある
川崎ブレイブサンダースの
篠山竜青選手の特集をお送りしました。

1日も早くコロナ禍が収束し、
またスタジオへゲストをお招き出来る日を楽しみに、
暫くの間2人でお伝えしていきます。
今年も熱血バスケを宜しくお願い致します。

「ウインターカップ2020」

2020-12-30
 SoftBank ウインターカップ2020
令和2年度 第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会
今年もJ SPORTSの中継でメンバーが
実況、勝利インタビュアーを担当させて頂きました。


いろいろな意味で特別な大会となった今大会の
中継出演者からのコメントです。


齋藤寿幸です。

今年最初で最後の全国大会。
実践経験や全体練習も制限された中、
地域の代表として、戦った選手達の姿に感動と勇気をもらいました。

残念ながら、棄権せざるを得ないチームもあり、
大会を続ける難しさも痛感しました。少しでも、選手達の思いを多くの人に
伝えられたらと思いながら、実況しました。感動をありがとうございます。


喜谷知純です。

今年もウインターカップの実況を担当させていただきました。
様々なコロナ対策が施され例年とは違う環境での中継でしたが、
コート上では例年同様に選手たちが
見応えのある全力プレーを見せてくれました。

今年はインターハイなどが中止になり
高校生にとっても難しい1年だったと思いますが、
来年は少しでも多くの大会が無事に安全に開催されることを願っています。


本田 将一郎です。

男子・1回戦の「福岡大大濠(福岡) VS 岡山商大附(岡山)」の試合が
私にとってのウィンターカップ初実況となりました。

ウィンターカップの会場に来るのは、
山形の局時代に企画取材で携わった男子の日大山形が
ベスト16に進出した2017年の大会以来、3年ぶり2回目でした。
その時と今回とでは関わり方が大きく異なるため、
実は開幕前日の説明会の時からアドレナリンが旺盛に出ていました
試合当日の武蔵の森総合スポーツプラザは
「負けたら、終わり」という一発勝負ならではの
緊迫感に包まれていました。

試合は両校共に一つ一つのプレーや動作に
3年間の思いが詰まっており、
放送席の私も胸が熱くなりました。

大会を運営して下さった関係の皆様、
医療従事者の皆様に感謝と敬意を表させて頂きます。
誠にありがとうございました。


三浦ひろみです。

「全国高等学校バスケットボール選手権大会 ウインターカップ」
今年もJSPORTSの中継に携わらせていただきました。
新型コロナウイルスの影響により、
今年最初で最後の全国大会となりました。
一つの試合、一つのプレーに対する選手たちの
真剣な気持ちを改めて感じた大会でした。チーム関係者の皆様は、
難しい状況の中で様々な想いを経験したことと思います。
喜び、感動、悔しさ、やるせなさ。
その全てがいつの日か大きな力になることを願っております。



日和佐雅枝です。

今年は大会初日から男子決勝まで
インタビュアーを担当させていただきました。


新型コロナウイルスの影響でマスク着用、
ソーシャルディスタンスを保っての取材となりましたが、
選手の思いを届けられる濃密なインタビューを心掛けました。
来年はたくさんのお客さんの中で
高校生たちがプレーでききますように。

「天皇杯 令和2年度全日本レスリング選手権大会」

2020-12-21

「天皇杯 令和2年度全日本レスリング選手権大会」が、
徹底したコロナ対策の中12月17日から20日に、
駒沢オリンピック公園体育館(東京都)で開催されました。



長年場内アナウンスを担当させて頂いている私達も、
初めてマスクとフェイスシールドを付けての
アナウンスとなりました。



写真は、顔はすっかり隠れていますが左から、
西達彦、渡邉唯、渡邊哲夫、針谷衣織里、佐藤さやか、
ボイスワークスのアナウンサーチームの面々です。

「TOKYO MXの福岡ソフトバンクホークスアウェイ戦中継」師岡正雄

2020-10-21
10月21日は、今シーズンから
師岡正雄が実況を担当させて頂いているTOKYO MXの
福岡ソフトバンクホークスアウェイ戦中継の最終担当日でした。


試合はホークスが勝利し、
午後10時の放送終了時刻ギリギリ5秒前に
ホークスのマジック点灯を伝えられるという
奇跡のような中継になりました。

写真は解説を担当された多村仁志さんと。

「RakutenTV てらこやNBA」佐々木クリス

2020-10-12

10月12日、NBAがレイカーズの優勝で幕を閉じたすぐ後、
RakutenTVの戦術やプレーを解説する番組
「てらこやNBA」(RakutenTV有料配信番組)で、
佐々木クリスがNBAファイナルを深掘り解説させて頂きました。


一戦毎の解説を聞くと、
その時のヘッドコーチの戦術や選手の気持ちが理解でき、
何故この試合にこちらのチームが勝利出来たのかが
はっきりと見えてきて「なるほど!」の連続で、
ファイナルをもう一度楽しめます。

写真は「てらこやNBA特別版 ファイナル徹底解説」の
収録スタジオでの風景です。

「RakutenTV NBA情報局Daily9」塚本清彦・佐々木クリス

2020-10-10

新型コロナウィルス感染拡大により、
シーズン中断を余儀なくされたNBA。
7月の再開後も人種差別問題で選手が試合への出場を
イコットして再度中断となるなど
2019-2020シーズンの開催期間は実に356日に及び 、
NBA史上でも特別なシーズンとなりました。

そして、その中で353日間、
試合の中断期間も毎日
ファンの皆様へNBAの情報をお届けし続けたのが、
RakutenTVの「NBA情報局Daily9」
(RakutenTV無料配信番組)です。

ファイナルでレイカーズの優勝が決まった翌日、
いつものスタジオにレギュラー解説をさせて頂いている
塚本清彦、佐々木クリスと中原雄さん、石田剛規さんが集まり
(北原憲彦さんは事前収録でのご出演)
今シーズン最後の収録が行われました。

NBA選手も戦い続けた1年でしたが、
番組を制作し続けたスタッフの皆様、
塚本、佐々木を含むレギュラー解説陣も、
より良い番組を配信する為に闘い続けた1年間でした。



写真は1枚目がスタジオでの塚本清彦、
2枚目が別のスタジオからオンライン出演した
左から中原雄さん、佐々木クリス、石田剛規さん

「B.LEAGUE 2020-21シーズン概要発表会見」佐々木クリス

2020-07-13

B.LEAGUE 2020-21シーズン概要発表会見が、
7月13日(月)都内ホテルで
ソーシャル・ディスタンシングに配慮しながら行われました。

今シーズンも引き続き
B.LEAGUEアナリストを務めさせて頂く佐々木クリスが、
B1、B2の開幕戦の概要を新しく就任されたばかりの
島田慎二チェアマンと共に紹介しました。

コロナ感染防止対策をしっかりとしながら、
10月2日の立川での開幕を目指します。

プロ野球、Jリーグ、大相撲に続きB.LEAGUEも。
スポーツのある当たり前だった世界が慎重に、
少しずつ戻ってきます。

©️B.LEAGUE

「プロ野球開幕!」

2020-07-06
プロ野球が開幕し2週間、
各地のスタジアムで
中継に携わらせて頂いているメンバーから、
写真を送ってもらいました。


1枚目は、ホーム開幕戦のビジョンに
26番目のベンチメンバーであるファンを思い、
26の数字が映し出された
千葉ロッテマリーンズのZOZOマリン


2枚目はホーム開幕戦を
好調な出足でスタートした日の
東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、
楽天生命パーク。


3枚目は、スタジアムのリニューアルに伴って
巨大なライオンオブジェが
出迎えてくれるようになった、
埼玉西武ライオンズのメットライフドーム。

どこも優しさと気迫に満ちた
オーラを感じますね!

「京都ハンナリーズ 2020-2021シーズン選手契約の基本合意」松井啓十郎

2020-06-24
6月23日、KJこと松井啓十郎と
Bリーグ・京都ハンナリーズは、
2020-2021シーズン選手契約の
基本合意に至りました。

©KyotoHannaryz/B.LEAGUE

昨シーズンの松井は、
Bリーグ歴代1位の記録で
「ベスト3P成功率賞」に輝く活躍でした。

新シーズンに向け、松井は
「2020~21シーズンも引き続き
京都ハンナリーズでプレーすることになりました。
また皆さんと目標に向かって力を合わせ、
共にこの困難な時期も乗り越えましょう!!」
とチームを通してコメントを発表しています。

新シーズンの活躍にもご期待下さい!

「DEEP B.LEAGUE」佐々木クリス

2020-06-17
「佐々木クリスの
DEEP B.LEAGUE  Supported by
月刊バスケットボール」
第4回が6月17日(水)19:30~配信決定!


最終回となる第4回は、
ゲストにサンロッカーズ渋谷で指揮を執る
伊佐勉ヘッドコーチを迎え、
昨年までチームを支えた選手の引退により
変革が求められた今シーズン、
新加入の選手が多い中で、
開幕より順調なスタートを切り、
そして第95回天皇杯優勝まで成し遂げたプロセス、
戦術の全てにB.LEAGUE公認アナリストの
佐々木クリスがDEEPに迫ります。

« Older Entries
Copyright(c) 1995-2021 Voice Works Inc. All Rights Reserved.